肌勢健二

STAND OUT(スタンドアウト)〜際だつ異才経営者たちの真実の過去から見えるもの

有限会社ダイドープロアクティブ社長肌勢健二インタビュー1 有限会社ダイドープロアクティブ社長肌勢健二インタビュー2 有限会社ダイドープロアクティブ社長肌勢健二インタビュー3
有限会社ダイドープロアクティブ社長肌勢健二インタビュー3

様々 な事があった10年間だった。
当時を思い出し肌勢は言う。
『きっかけやチャンスなんてどこにでも転がっている。それに気づくか、気づかないか・・それだけだ。』

父の会社への就職、独立起業、そして、責任と借金を背負ったどん底の時代・・。死にたいと思った事もある。

現実から逃れるように入った街角の小さな古本屋。何度も読まれ擦り切れた背表紙、幾人もの手を渡ってこの古本屋にたどり着いたのだろう。本のタイトルも作者も覚えていない。

覚えているのはこの一行だけ。
【 環境を変えたければ自分を変えなさい 】

肌勢には理解できなかった・・。オヤジのせい・・オヤジのせい・・
口癖のようにそう言ってた。

【 環境を変えたければ自分を変えなさい 】

たったの一行だ。そのたったの一行が肌勢の人生を変えた。
その日から、肌勢は毎日言った。

あれだけ憎かった父に・・「オヤジ・・ありがとう」
あれだけ恨んだ父に・・「ありがとう・・」
少しずつ父との間に出来た溝が埋まっていく気がした。

こうして自分が起業できたのも父の作った土台があったから。五体満足で過ごせているのも父が今まで育ててくれたから。

そんな事すら気付かず全部父のせいにしていた。
そんな自分が情けなくて・・そんな自分が恥ずかしくて・・
肌勢は・・泣いた。

有限会社ダイドープロアクティブ設立から6ヶ月・・長く辛い時期がようやく終わろうとしていた。

【冬の寒さが厳しければ厳しい程、
              桜は綺麗な花を咲かせる】

ダイドープロアクディブは最大のピンチを乗り切った。素晴らしいスタッフにも恵まれて・・・

あれから5年、照れ臭い気持ちからか、父とは今でも良く喧嘩をすると言う。だが、頑固な父も1歩外に出れば 「うちの息子達は良くやってる、自慢の息子だ!」 そう言いまわってる。
父と子の間にできた底の見えない深い深い溝が今ようやく埋まった。

そして、肌勢は新たな挑戦を始めた。
日本ではまだ少ないビジネスコーチの資格を取り現在では【弱虫コーチ】の名でプロコーチとして活躍中だ。

誰かを応援したい・・。上から物を言うコーチじゃない・・向かい合ってアドバイスするようなコーチでもない・・。すぐ横で寄り添って支えるような・・そんなコーチになりたい。

散々強がって生きてきた肌勢、でも・・今なら言える。
「僕は弱い人間です。弱虫なんです」

自分の弱さを知った時、人は強くなれる・・。
弱虫コーチ、肌勢健二の挑戦は始まったばかりだ。。


>> 有限会社ダイドープロアクティブ

>>肌勢健二インタビューTOPへ戻る

【 有限会社ダイドープロアクティブ PR 】
→ 「弱虫コーチ〜仕事の喜び発見Blog〜」

有限会社ダイドープロアクティブ 代表取締役社長 肌勢健二

肌勢健二パーソナルプロフィール
有限会社ダイドープロアクティブ 代表取締役社長 肌勢健二

1975年、東京都にて生誕。
経営者の父を持ち裕福に育った反面、親を困らせた事も多かったと言う。
学生時代には何度も学校に呼び出され、2回目の停学の時には自主退学か、無期停学を迫られる。
どうにか高校を卒業した後、ホームセンター店員、卸売り市場の売り子、職人、トラック運転手などありとあらゆる業種を経験する。
1998年、23歳の時に一度は父の会社に就職するが、6年後、独立し有限会社ダイドープロアクティブを設立。
現在は、経営者の傍らビジネスコーチの資格を取得し、プロコーチとしても活躍中。

有限会社ダイドープロアクティブ有限会社ダイドープロアクティブ
本社所在地 東京都八王子市大塚621-1-103
事業内容 ・投資
・購買代理業務
・コンサルタント業務
・派遣業務

経営理念 お客様の事業の繁栄と幸せの実現に
お役に立てる商品とサービスを提供します。


有限会社ダイドープロアクティブ 採用情報

有限会社ダイドープロアクティブ 肌勢健二が求める人材
有限会社ダイドープロアクティブ 肌勢健二の仲間募集

有限会社ダイドープロアクティブ サービス&関連情報

有限会社ダイドープロアクティブ

有限会社ダイドープロアクティブ
幅広い知識とネットワークを用いて
ホール様の最良の商品、サービスの購入をお手伝いしております。

おもいやり工房

おもいやり工房
世界にひとつ、
あなただけのお名前ポエム・・。

肌勢健二TOP >> インタビュー1 >> インタビュー2 >> インタビュー3 >> 肌勢健二が求める人材 有限会社ダイドープロアクティブ社長|肌勢健二|インタビュー|STAND OUT

STAND OUT〜異才経営者のインタビュー〜このページのTOPへ