肌勢健二

STAND OUT(スタンドアウト)〜際だつ異才経営者たちの真実の過去から見えるもの

有限会社ダイドープロアクティブ社長|肌勢健二インタビュー1 有限会社ダイドープロアクティブ社長|肌勢健二インタビュー2 有限会社ダイドープロアクティブ社長|肌勢健二インタビュー3
有限会社ダイドープロアクティブ社長|肌勢健二インタビュー1

ドンドンドン!!ドンドンドン!
「金返せや!コラァ!」 まただ・・。怖くて、不安で、寝れない夜が続いた。

「全部オヤジのせいだ・・全部!全部!」

あの時・・なんでオヤジの会社を手伝うだなんて言っちゃったんだろう・・肌勢は心底後悔していた。オヤジが憎い!

父の会社で働き始めたのは1998年、23歳の時だった。
肌勢にとっては右も左も分からない初めてのパチンコ業界・・、新入社員として父や上司に迷惑をかけつつも持ち前の負けん気の強さで4年後、一人前の営業マンにまで成長した。

この頃、会社の経営方針について父と良く言い争ったという。
「オヤジ、時代は変わってるんだよ!」

営業として現場の声を直接聞いていた肌勢はパチンコ業界の変化を敏感に感じていた。その反面、保守的な考えの父には苛立ちを覚えた。
「このままじゃダメだ・・」

毎晩、何度も何度も父を説得したが・・
「オマエなんかに何がわかる!」
父の考えが変わることはなかった。

結果・・半ば強引に、喧嘩別れのような状態で、肌勢は父の会社の営業部署として独立し起業した。

「オレが正しいことを証明してやるんだ!」
2004年4月5日、肌勢は有限会社ダイドープロアクティブを設立。
しかし、
その1ヶ月後・・ウソのように・・父 の会社は倒産した。

父の会社の取引先・・父の会社の従業員・・
そして、借金取りまでもが肌勢の元に殺到した。
朝から晩まで頭を下げ続けた。家に帰る時は、家の前を車で何往復もして借金取りがいないことを確かめてから家に戻った。

「なんでオレだけこんな目にあうんだ・・。」
真っ暗な部屋で一人、毎日毎日泣いた。

「どん底でした・・。」

取引先に頭を下げ借金取りから逃げる毎日。一人・・、また一人会社を去っていく。

「経営者は孤独・・」
出口のない迷路に迷い込んだ・・。

「全部オヤジのせいだ・・。」
オヤジが憎い・・肌勢は父を恨んだ。

>>インタビュー2へ続く

【 有限会社ダイドープロアクティブ PR 】
→ 「弱虫コーチ〜仕事の喜び発見Blog〜」

有限会社ダイドープロアクティブ 代表取締役社長 肌勢健二

肌勢健二パーソナルプロフィール
有限会社ダイドープロアクティブ 代表取締役社長 肌勢健二

1975年、東京都にて生誕。
経営者の父を持ち裕福に育った反面、親を困らせた事も多かったと言う。
学生時代には何度も学校に呼び出され、2回目の停学の時には自主退学か、無期停学を迫られる。
どうにか高校を卒業した後、ホームセンター店員、卸売り市場の売り子、職人、トラック運転手などありとあらゆる業種を経験する。
1998年、23歳の時に一度は父の会社に就職するが、6年後、独立し有限会社ダイドープロアクティブを設立。
現在は、経営者の傍らビジネスコーチの資格を取得し、プロコーチとしても活躍中。

有限会社ダイドープロアクティブ有限会社ダイドープロアクティブ
本社所在地 東京都八王子市大塚621-1-103
事業内容 ・投資
・購買代理業務
・コンサルタント業務
・派遣業務

経営理念 お客様の事業の繁栄と幸せの実現に
お役に立てる商品とサービスを提供します。


有限会社ダイドープロアクティブ 採用情報

有限会社ダイドープロアクティブ 肌勢健二が求める人材
有限会社ダイドープロアクティブ 肌勢健二の仲間募集

有限会社ダイドープロアクティブ サービス&関連情報

有限会社ダイドープロアクティブ

有限会社ダイドープロアクティブ
幅広い知識とネットワークを用いて
ホール様の最良の商品、サービスの購入をお手伝いしております。

おもいやり工房

おもいやり工房
世界にひとつ、
あなただけのお名前ポエム・・。

肌勢健二TOP >> インタビュー1 >> インタビュー2 >> インタビュー3 >> 肌勢健二が求める人材 有限会社ダイドープロアクティブ社長|肌勢健二|インタビュー|STAND OUT

STAND OUT〜異才経営者のインタビュー〜このページのTOPへ