只石昌幸

STAND OUT(スタンドアウト)〜際だつ異才経営者たちの真実の過去から見えるもの

スタンドアウトとは?

サービスや商品の差別化の徹底が必要となり、差別化ができてないすべてのものは、大手の資金力に飲み込まれ、価格競争を強いられ、撤退を余儀なくされる時代が到来しました。

そんな時代、 手をこまねいてばかりでは、なにも変わらない。

ただ、チャンスもある!

同じような時代の変化においてほかに変わったこともある。
それが、『共感』である。

共感が生まれ、買う時代。

共感を感じ、口コミへ。

共感が深まり、記憶に残る。

そんな消費者との間にうまれる『共感』において一番の共感こそ、
『会社創業のきっかけ』と『商品誕生の裏側』である。

当サイトスタンドアウト〜際だつ異才経営者たちの真実の過去は、会社創業前の経営者の過去に目を向けた。

しかも、成功体験ではなく、挫折。

挫折があり、人の優しさを感じ、

挫折があり、本物の強さが生まれる。

世の中には、たくさんの経営者インタビュー情報がある。

そんな溢れんばかりのインタビュー記事においてひとつくらい、
恥ずかしく、隠しておきたい挫折にフォーカスしたインタビュー記事があっても良いと思う。

すべてのインタビューは、真実に基づくノンフィクションです。

決して、誇張せず、嘘も存在しない。

たった、唯一の真実の過去。

経営者とその企業のこれからの未来すべての土台となる過去から、
今日を知り、明日を期待して欲しい。

これが、私たちがスタンドアウト〜際だつ異才経営者たちの真実の過去を立ち上げた理由と想いです。

株式会社レバレッジ
代表取締役社長 只石 昌幸
株式会社レバレッジ代表取締役社長 只石 昌幸

STAND OUT〜異才経営者のインタビュー〜このページのTOPへ

スタンドアウト〜〜際だつ異才経営者たちの真実のインタビュー当サイトへのインタビュー掲載についてスタンドアウト運営責任|株式会社レバレッジについてスタンドアウトについてお問い合わせはこちら
会員制ブランディング倶楽部『トンガリサロン』〜相互支援ブランディング